platformJP2_D

u-Slicer

強力な“クラウドデータストア”ソリューション、u-Slicerは、大規模なデータウェアハウスを保持する必要なく、オンライン広告分野でよく見られる大規模データを扱うためにカスタム設計されています。

ポイントとして、u-Slicerにストアされるデータは、オリジナルのものそのままではなく、特殊な構造化をされたものだという点です。そのため、クエリで引き出されたデータはオリジナルの数値と比べごく僅かにずれることがありますが、これは100%の正確なデータ参照よりも、エンジニアリングな要件や広告運用チームの運用における、ビッグデータの高速な参照と利用の満足によりフォーカスしているためです。これは、ビッグデータのストア/利用における難しくかつコストのかかる問題を同時に解決する、非常にユニークでクレバーなアプローチとなっています。

u-Slicerは、大規模データストアとRESTful APIによる高速でインタラクティブなクエリを組み合わせています。このAPIは、クライアント自身のビジネスインテリジェンスのインフラや、IPONWEBのu-Reportsインターフェースと容易に統合することができます。

広告配信におけるトラフィック管理、レポーティング、モデリングおよび大規模データトレーディングに特化して開発されたu-Slicerは、共用のクラウドインフラ環境で集計済みデータをインタラクティブに閲覧/分析できるパワフルな機能性を備えています。これにより、専用環境で包括的なツールパッケージ提供を行う通常のビッグデータウェアハウスソリューションのほんの一部のコストでu-Slicerをご利用いただけるのです。