u-Platform

オンライン広告の自動取引プラットフォームでは、ビジネスモデルや必要となる機能パッケージの如何を問わず、広告配信、ディシジョン、最適化モデル、データ変換、データ処理、レポーティング、といったプラットフォームの基盤となる機能を標準的に保持しています。

u-Platformは広告取引に特化して構築された、スケーラビリティと専門性に優れた世界最高水準のテクノロジー群です。複雑なアルゴリズムを持った広告取引プラットフォームをスケーラブルかつ迅速に開発するためのオープンコンポーネント化されたアーキテクチャとなっており、プラットフォームの基盤となる機能を提供しています。

一方、u-Platformの個々のコンポーネントプロダクトは、それぞれプラットフォームの主要な構成要素となる特定の専門アプリケーションです。u-Platformは開発エコシステムとして、クライアント独自のビジネスロジック、ワークフローUIとのインテグレーション、その他実装要件を統合することにより、お客様それぞれにフルカスタマイズされたプラットフォームを提供します。

u-Platoformは「オンライン広告分野で大規模なトランザクションを扱うアプリケーションを、エンジニアリングリスクなく開発可能にする」という哲学に基づいて設計されています。u-Platformのエコシステムでは自社開発につきものである様々な課題を簡略化しており、通常であれば年単位の時間がかかる新プラットフォームの調査からデプロイまでの時間を、数ヶ月単位と大幅に短縮し、迅速な市場投入とリリースサイクルの実現が可能です。洗練されたソリューションで、即座に確かな優位性を獲得できるため、クライアントは迅速な改良とイテレーションにより、更なる競合優位性を確立することができます。

この哲学はu-Platformの各コンポーネントがAPIによって明確に定義されていることにも現れており、クライアントはエンジニアリングな部分の課題でなく、プラットフォームのディシジョンロジックにいかに独自性を持たせるか、といった重要な点に集中することが可能です。

u-Platformを利用したプラットフォームの主導権を持つのはクライアントです。大規模なスケールを想定した初期設計により、ビジネスの必要性に応じてクライアントの成長や変化をサポートできる驚異的な柔軟性を提供します。

次の図は、IPONWEBのu-Platformを構成する主要なコンポーネントを表しています。